2020.10.21

【遡上徘徊】蓬川<1>川歴

庄下川から国道2号線を西に少し行くと蓬川。

今は川?水路?流れがありますが
この河川、古地図で見るといきなり川筋が消えています。
M001

なんでやねん?と調べてみたら・・・
尼崎デルタを作った武庫川の旧分流のひとつだそうで
明治初期の地図を眺めると、確かに流れの跡が
なんとなく見受けられる?
M002

なるほどなぁ〜と国道から蓬川を眺める・・・
気水域なんでしょうね〜ボラがいますね〜♪
Img_3768

国道の橋は入江橋
Img_3756

架設は庄下川の玉江橋と同じ大正15年5月
Img_3766

すぐに難波樋門(ひもん)が見えてます。
Img_3769

水道橋?
Img_3774

上流側から・・・
Img_3776

樋門より上流は浜田排水路(浜田川)となるとか・・・
Img_3777

樋門から見えてるアレは???
Img_3770

妙光寺というお寺さんでした。
Img_3771 

先程の樋門から尼崎港まで3,124mを蓬川と呼んでいるそうで・・・
Img_3754

江戸時代になると河口で蜆漁が盛んだったそうで
こうなる前は、遠浅の河口域やったんでしょうね〜
Img_3755

| | コメント (0)

2020.10.20

【遡上徘徊】庄下川<7>富松余話

この橋の奥が富松の集落です。

十字水路を西へ辿ると線路を越え武庫之荘駅周辺へ
ココで水路が分かれてます。
P2170036

奥に水門が見えてます。
P2170037

ちょい入り組んだ水路模様、これが楽しい~♪
P2170039

水門は、ここでも木製でした。
P2170040

富松の集落へ~唐臼の支柱石がゴロリと・・・農村の証ですね。
P2170048

昔ながらの水路が残ってます。
P2170041

水路には・・・
P2170043

かっての暮らしの痕跡が・・・
P2170042

ほんとココだけが昔のままの風景でしょうね~
P2170045

この風景、マンションに囲まれてます。
P2170052

富松神社
P2170050

行ったのが正月明けだったので真新しい注連縄
P2170061

ちょっと変わってる?注連縄の様式?
P2170059

狛犬は凡庸な意匠
P2170053

少し爺顔ですね~♪
P2170054

富松神社から西へ少し、大きな木と祠があります。
Img_3492

昔、この辺りは荘園で「武庫荘」と呼ばれたとあります。
P2170064

説明後半・・・
P2170066

さて気になる祠の中には・・・
P2170067

愛宕さんと春日さんが祀られてました。
説明板によると春日社兼興福寺の領地となった・・・と
ありますので、その関係で春日さん?
愛宕さんは、防火を祈って~なんでしょうね~
Img_3495_20201020232601

| | コメント (2)

2020.10.19

【遡上徘徊】庄下川<7>遡上の終わり

おまけ的なアップ

主流と思える川筋をどんどん行きます。
ここの分岐は右へ〜
P9120351

もう川と呼べん状態に
P9120353

最後は暗渠・・・こら味気ない!!
なので先ほどの分岐を左へ〜
P9120357

市街地でなく農地を流れてるので、用水路的な風情
この辺りは、何度もうろついてるので〜♪
P9120358

すぐ脇に国道171号
P9120359

でも意識して川筋を追ったのは今回、お初で
最終的には武庫川の支流の天王寺川から水を引いてるようで
本当の水源地って、どこやったんだろうか???
P9120360

最後にメモ的に・・・14年目の片倉700改です。
あれからもうそうなに時間が立ったんやなぁ〜
P9120346

| | コメント (0)

«【遡上徘徊】庄下川<6>須佐男神社