2019.01.23

【篠山】輪行ポタ<30>古市編番外:住吉神社(今田町上立杭 )

山の中に海の神様を祭る住吉神社が〜と毎回、山中でこの神社に出会うたびに思うんですが?  今回は、陶器を船に積んで商売をしてたからかな?〜なんてコトを考えながら走ってると秋葉神社が・・・立入禁止の看板、内容を読むとなんか切ないですね。

Img_1512_2
看板を無視して行けそうな雰囲気ですが、スズメバチの巣があると注意喚起されてるので、ここは素直にパスして住吉神社に向かいます。
Img_1513
住吉神社、一の鳥居〜いやぁ〜絵になるわぁ〜♪
Img_1526
ちょっとズームアップで〜♪ 電柱をカットして〜♪
Img_1527
横の構図でも〜♪
Img_1528
二の鳥居、鎮守様って感じ満載です〜♪
Img_1514
社額には「住吉大明神」とありますね。明神の意味を改めて調べてみたら「明神は祭神の神徳をたたえ、崇敬の意を表して、神名の下につけた尊称である。明神と称されるのは地域的な村とか、同族的な集団で祀る神・神社が多かった。」とあります。焼き物師の集団の地とも関係するんでしょうかね? 今回、行けなかったんですが近くに金刀比羅神社もあります。山の中にある住吉さん、金比羅さんって、やっぱ「陶器の海上運搬の守り神」として信仰をあつめたんでしょうかね?
Img_1516
拝殿と通常タイプの狛犬。
Img_1517
神殿への階段には百度石あり、扇形の拝み石は見当たりません。
Img_1523
覆殿に囲まれた神殿・・・んーこら凄いかも的な空気感びんびんであります。
Img_1520
彫り物がいいですが
Img_1521
篠山盆地や古市とは様式が違う様な・・・??? 三田の九鬼氏文化圏になるんでしょうかね?
Img_1522

| | コメント (1)

2019.01.17

【篠山】輪行ポタ<29>古市編番外:和田寺(今田町下小野原)

行政的には篠山市でしが、厳密には篠山ではないと思うのですが、まぁ、話の流れ的に〜・・・ということで・・・篠山&古市周辺は分水点が何ヶ所かあります。古市の町は武庫川水系。小さな峠を越えると加古川水系になります。

Img_1499
下ると同じ様な低山連なる田園風景が広がります。途中、3社(大歳・稲荷・住吉神社)に立ち寄ったんですが、デジカメの電池忘れ、電池残量を気しつつスマホで代用したんで写真が少ないのであります。
Img_1501
まずは、和田寺の仁王さんです〜あ・・・
Img_1503_2
ん・・・立派ですなぁ〜
Img_1504
境内のお二人・・・寄り添う仏さんと観音さん?
Img_1507
で、お寺の境内周辺地図を見ていたら「頭痛(あたまいた)地蔵」!?
Img_1505
微頭痛持ちなんで、こらお参りせなぁ〜と急な参道をば・・・
Img_1508
なになに波豆の石工、波豆の石造文化文化圏の西北限って? 波豆には行ったことがありますが、石像ってあったかな? 再訪せねばね!!
Img_1509
細長い石柱の上部に石仏が彫られていますね。
Img_1510

| | コメント (2)

2019.01.14

【篠山】輪行ポタ<28>古市編:一宮神社(南矢代)

ここは、古市近辺で一番大きな神社です。南矢代駅から北東の位置にあります。

P1180419
一宮神社があるんだったら二宮、三宮・・・とあると思うんですが・・・以前行った丹波竹田には一宮、二宮、三宮とありましたね。
P1180420
振り返ると見る参道
P1180442

拝殿のある神殿。
P1180443
拝み石は、拝殿前と上り口にありまあす。
P1180438
ここの狛犬は変わってます。
P1180425
顔は唐獅子的なものでなく、山の神の使いの山犬的です。
P1180426
尾っぽは、狐の尾っぽのような感じがしますね。
P1180427
奉納年月は?と台座を見たら昭和42年って、意外と新しいです。それまで狛犬は不在やってんでしょうかね?
P1180432
お対に狛犬・・・
P1180428
中々りりしいお顔であります。
P1180431
前から撮ろうとファインダーを覗いてると・・・う?後ろにいてはるのは・・・
P1180429
やっぱり役行者でした。神社の境内に祀られているなんて珍しい?
P1180437
境内にもう一対の狛犬がいますが、こちらも中々ユニーク!
P1180439
面白いなぁ~と撮りまくっていたら神殿の彫り物を撮り忘れてました。
P1180440

| | コメント (4)

«【篠山】輪行ポタ<27>古市編:諏訪神社(真南条下)と出雲神社(波賀野)