« 門柱灯 | トップページ | 路地犬 »

2004.02.26

防水隔壁

おんやぁ〜これって防水隔壁やないの?・・・とヨドバシカメラから地下鉄梅田駅に通じる通路の壁にへばりつようにリベット鋲の打ってある鋼鉄の扉に気づく。一旦気づくと他にあるんかなぁ〜と通勤の往復路で見て歩くとあるわあるわ、壁に全て格納されているのやらステンレス製のやら。で、扉の閉まる方向を頭の地図に展開する。ん・・・やはり、全ての鋼鉄扉が地下鉄方向に閉まる。そう、何百年に一度の洪水に対処するため地下鉄を守る施設だ。日頃、わたしたちがうろつく地下街は、水浸するってわけだあ。なんだか知らぬ間に優先順位をつけられたようでちょっと憤慨。でも、中津から地上に出るよなあ・・・あそこから水が入ってくるし、この防水隔壁って役にたつのかなあ・・・?
040226a.jpg

|

« 門柱灯 | トップページ | 路地犬 »

コメント

東京の地下鉄にも、地上に出てくるやつがおおいです。
昔テレビで見たんですが、その出口にはおーきい防水
隔壁がついていて、トンネル全体ががしっと閉められる
ようになってたです>営団地下鉄東西線

投稿: おおきに! | 2004.02.27 08:09

ほぉぉぉ〜
そげな仕掛けがあるんですか
かくにんしてみよーっと

投稿: 路爺 | 2004.02.27 12:55

大阪市営地下鉄の防災対策ですが、
" 地下鉄で問題となるのは、出入口などの開口部や地下街などの接続箇所からの浸水で、これに対して防水堰や防水扉を設けております。さらに、トンネル内にも防水扉を設け、浸水があっても被害を最小限にとどめます。"だそうです。

投稿: おおきに! | 2004.02.27 13:53

わちゃ、よくわからないで、URLというところを使ってみたのですが、大変なことになっちゃった。
ひとつまえの投稿者のところをクリックしていただくと大阪市営地下鉄に飛びます。

投稿: おおき! | 2004.02.27 13:55

おおきさんのコメントを見て、リンクたどって見て、ほぉぉぉ〜と
思ったんで「大阪 地下鉄 防水癖」で、グ−グルで検索
「東海・東南海・南海地震津波研究会」の第2分科会の報告ページがヒット
読んでみたら、憤慨した。なんちゅー中途半端なやり方かってね
土嚢を積むというが、どこに土があるんだぁ〜の指摘には笑ってしまう

●東海・東南海・南海地震津波研究会 第2分科会
http://www.e-tsunami.com/katsudo/bunka/bunka-2/bunka-2_gaiyou.htm

投稿: 路爺 | 2004.02.27 17:33

はじめまして 鴨葱と申します。
mixiのukihaさんのリスト経由でお邪魔しました。
ウチ伊丹ですんでかなりご近所です。
またちょいちょい寄してもらいますんでよろしゅうに。

投稿: kamonegi | 2004.03.09 01:16

鴨葱さん、はじめまして
浮き葉さんのところからですか
効果てきめん
私は、ちょっと西の仁川です
私ものぞきにいきます・・・
よろしくお願いします

投稿: 路爺 | 2004.03.09 11:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18259/237376

この記事へのトラックバック一覧です: 防水隔壁:

« 門柱灯 | トップページ | 路地犬 »