« 裏側の構造 | トップページ | 地下路地 »

2004.03.05

酔って候

人が居座り続け、黒光りするような地下空間は実に人臭い、まるでそこに滞留した何万もの体臭が蓄積されたかのように。そんな場所が写真の立ち呑み屋、梅田駅の地下街に三ヶ所あるうちのJR大阪駅に向かう階段のたもとの店だ。いつもおっさんで満員、みんなここで一服、帰路につ く。酒に弱い自分は、うらやましい限り。
040304up.jpg

|

« 裏側の構造 | トップページ | 地下路地 »

コメント

この光景、めっちゃ懐かしいですわ。
京都で学生やってて、大阪に就職活動にいってたときに
あーなるんかなーと思ってた。
たまたま東京勤務になったんですが、大阪に出張するたび
にええなぁって思いつつ、まだいっぺんもいったことが
ないです。
あこって、斜めに構えて飲むんですよね?
わたしゃ、有楽町ガード下。

投稿: おおき | 2004.03.05 07:56

斜に立ったまま毎日いっぱいひっかけて帰る
というスタイルって大人やなぁ〜と思いましたね、子供の頃
自分も大きくなったこんなことをするんかなぁ〜と
ただ、おそろしいもので、母が酒飲みを嫌いましたので
いっぱいひっかけて帰るおっさんは、だらしない、けじめがない
とすりこみされまして・・・今だに未登峰ですわ

投稿: 路爺 | 2004.03.05 12:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18259/264370

この記事へのトラックバック一覧です: 酔って候:

« 裏側の構造 | トップページ | 地下路地 »