« 禁断の朱鳥居(小) | トップページ | 現役屋外蛇口 »

2005.03.10

埋め込み無名のなぞ

う〜悩んだ・・・唐臼支柱をブロック塀に埋め込んだのは、わざとしたのか、こうするしか方法がなかったのか、ちゃめっけ起因したのか、それとも災いがあったのか・・・無名のなぞは、無名のなぞのままで風化する。尼崎市富松超

aut_2076.jpg

|

« 禁断の朱鳥居(小) | トップページ | 現役屋外蛇口 »

コメント

おお~生えていますね・・・取り込まれているとも~戦時中に焼け出されて~庭の灯篭で我が家を確認したなんて聞いた事が有りますので~
この空臼を境界柱代わりに使ったのか?間違えたのでは??尼崎の面白い物が残っていますね。

でも再開発の波が~駅中心に・・・

投稿: joly | 2005.03.11 12:50

>Jolyさん
 実は、この手の四角くきれいに整形された唐臼の
 支柱ってけっこう根っこが深く長いんですね
 きっとこの物件は、そんなかんなで撤去できなかっ
 たんでしょーかね

投稿: 路爺 | 2005.03.11 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18259/3246183

この記事へのトラックバック一覧です: 埋め込み無名のなぞ :

« 禁断の朱鳥居(小) | トップページ | 現役屋外蛇口 »