« 岡山<5>これは? | トップページ | 備前片上 »

2005.08.20

岡山<6>感じるもの

建物の玄関に飛田百番、京都角屋、皆同じ閉じこめられ残留する情念を感じてしまう。べんがら残る壁、横に広がる格子窓、これだけの建物でありながら、なによりも地域から忌み嫌われている。。。昭和まで続いた郭屋であろう、多分ね。同じ様な建物を備前でも見た。

050815g

|

« 岡山<5>これは? | トップページ | 備前片上 »

コメント

この「うねり」具合も、また良しです。

投稿: しょうやん | 2005.08.22 21:42

実物は、もっと。。。

投稿: 路爺 | 2005.08.22 23:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18259/5550589

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山<6>感じるもの:

« 岡山<5>これは? | トップページ | 備前片上 »