« 車中撮 | トップページ | 秋空、見事 »

2005.09.07

30年ぶりの銭湯

道草通信No.299

夏旅のおわり、同行N氏に「塩気抜きましょうよ」と、誘われて網干で銭湯に入りました〜なんと30年ぶりです、風呂屋の孫としては失格ですね。中学校に上がるまで家風呂がなく、近所の友達と毎日銭湯に通ってましたから、その頃の想い出が蘇えり、昔を懐かしむ気持ちがわき上がるかと思いました が、別にって感じで、心に何の変化はありません?代わりにデジャブー体験のようになり、幻想か現実か脳味噌が悩むそんな状況になりました。huro妙に生々しくリアルな記憶・・・男風呂の脱衣室の角に母屋に行く扉があって、おじいちゃん、おばあちゃんがひょいっと顔だす、番台を見ると繁子おばちゃ んが座っている・・・記憶の指針が「今」を指さしているとでもいいましょうか、現実のような幻が眼底を駆け抜けていきます、目頭が熱くなりました。入った銭湯の造りが祖父母のやっていたお風呂屋と同じで、同年代だったからもしれませんが、従兄弟にその銭湯の写真を送ったらやはり記憶が蘇ったそうで す。世の中懐古ブームですが、なんで「懐かしさが愉しい」の私にはかわかりません。本当の懐かしい記憶は、濃厚な人間関係から起こるまんやと思っています。 濃厚な人間関係の記憶は生々しく、思い出せば過ぎ去りし時間を取り戻せないことを悟り、辛く、切なく、悲しくなるものですからね

|

« 車中撮 | トップページ | 秋空、見事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18259/5827039

この記事へのトラックバック一覧です: 30年ぶりの銭湯:

« 車中撮 | トップページ | 秋空、見事 »