« 路地をなす二つのメーターを含む景観論 | トップページ | 春野、初物 »

2006.02.27

カラーテレビが特異語だった時代

AUT_3740
6時半に日出〜朝ぽたシーズン到来。公私ともに多忙なる時は、この朝ぽたが最大の心の清涼剤となる。約1時間半近所をぶらっと回るとこの看板に気がつ く。三菱カラーテレビ「高雄」・・・わざわざ「カラーテレビ」と言っているのに時代を感じる。調べてみるに昭和42年(1967年)に初号機発売とある。私が9 歳、小学校3年生か?しかるに、この手の広告看板を仕掛けたのは、専売公社か、メーカーが先か、有料か無料か?専売公社とすると民営化以降は、この手の 広告看板がないかと思われるが、真実やいかに?

|

« 路地をなす二つのメーターを含む景観論 | トップページ | 春野、初物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18259/8859243

この記事へのトラックバック一覧です: カラーテレビが特異語だった時代:

« 路地をなす二つのメーターを含む景観論 | トップページ | 春野、初物 »