« 宮前荘跡 | トップページ | 京都駅西、跨ぐリベット橋脚の構造美 »

2007.12.11

多分、ごぞんじであろー

多分、ごぞんじであろー

つかしんへ向かう途中の木造モルタル作りの文化住宅でありますが、ご存知な方には、ご存知な文化住宅と存じますが「なんやらすべての文脈が不連続である」と思われる掲示物の数々・・・その一例をあげておきます。

多分、ごぞんじであろー

|

« 宮前荘跡 | トップページ | 京都駅西、跨ぐリベット橋脚の構造美 »

コメント

こちらさんのは足もと付近の貼紙も魅力的ですな。
でも電話番号とかモロなのでネタ的には苦しい (^^;

チョークか蝋石のようなものを使った達筆で
路面に直接書かれてる場合もありましたし、
前はけっこう更新頻度も高かった気がしますが
最近はメッセージボードも朽ちぎみ放置ぎみ。

家主さんご高齢なのかな、ちょっと心配ですね。

投稿: kamonegi@たびたび御免 | 2007.12.11 00:48

なんで、初めて電話番号を消しました(^^;
もっとじっと見たかったんですが
なんやー用かザーッ?!と言うオーラを感じたので
さささぁーと撮って離脱しました。。。
路面にチョークで・・・んー見たいナーそれも
あと南側のパーキングの掲示看板も家主さんの履歴が
書かれてあり興味深々でありますが・・・
オーラが~コワイ(^^;

投稿: 路爺 | 2007.12.11 07:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮前荘跡 | トップページ | 京都駅西、跨ぐリベット橋脚の構造美 »