« 川西能勢口・小花路地 | トップページ | 綾部市・鍛冶屋~高津近辺の拝石 »

2008.06.06

綾部市・鍛冶屋 一宮神社境内、秋葉神社遥拝所

先日、京都府綾部市郊外での仕事が終わっての帰路、近くの一宮神社にお参りしたら秋葉神社への遥拝所がありました。ほー秋葉神社への珍しいなぁ〜と調べたら。。。

 遠州から来た秋葉神社を祭る「丹波丹後秋葉神社万年講」

 京都府綾部市「元何鹿郡(いかるがぐん)」上杉町には八坂神社
 (祭神:素茰鳴尊)の境内には正一位秋葉神社がある。
 この秋葉神社は明治20年代に火災が相次いだ上杉町等で不安が
 広まり、東八田・西八田地区や舞鶴などの30余ヶ村々が「丹波
 丹後秋葉神社万年講」を結成し遠州(今の静岡県)の秋葉神社の
 分霊を受け明治25年に第一回の大祭を催行したといわれている。

という理由に関係しているんでしょうね。。。でも、この遥拝所、まったく明後日の方向を向いてましたが。。。(^^;;;;

綾部市・鍛冶屋 一宮神社境内、秋葉神社遥拝所

真後ろにある遥拝所碑の方が、正しい方角を差していると思えるんですが。。。(^^;;

綾部市・鍛冶屋 一宮神社境内、秋葉神社遥拝所

|

« 川西能勢口・小花路地 | トップページ | 綾部市・鍛冶屋~高津近辺の拝石 »

コメント

遥拝所は 庶民の気持ちの表れなんでしょうね
あっち向いて いてもえーですがな
信仰の気持ちあれば・・・

投稿: まだまだ | 2008.06.10 23:27

居ながらにして
あっちこっちの神さんを拝めるちゅー
合理的な庶民のシステム?

投稿: 路爺 | 2008.06.11 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川西能勢口・小花路地 | トップページ | 綾部市・鍛冶屋~高津近辺の拝石 »