« お。路地奥に七不思議??? | トップページ | 京の夏・涼菓子 »

2008.07.21

高松土産画像/SEKINE

ヨメさんが、先日、高松に行ったときのお土産画像・・・おお、今はなきセキネやん!!

P7180130_2

四国村博物館に置いてあったそうな・・・酒屋のリヤカーですね。

P7180128

ヘッドマークが、よろしいなぁ~

P7180129

|

« お。路地奥に七不思議??? | トップページ | 京の夏・涼菓子 »

コメント

飼い慣らしましたね、さすが!

投稿: ぢぞう | 2008.07.21 01:11

コレ、住み込みで新聞配達してたときの自転車を

思い出しました。

それと先輩、もう一つ質問なんですが、

先輩の出身中学の校門を出ると、

南北方向へ道がありますよね。

校門を出てスグその道を北へ、

最初の四つ角に出るまでの100メートルくらいの間に、

その道の路傍に地蔵サンが居られた記憶はないですか。

私には居られた記憶がありますが、

最近何回か、帰郷して散策していると

新築の家が増えていて、地蔵サンが消えているような気が

するんです。

地蔵サンが居られたというのも何となくの記憶なので

定かではないし、

現在の、どの新築の家の場所に居られたのかも忘れています

。地蔵サンが居られたような記憶はありますか。

地蔵サンを毀してまで新築の家を建てるかなという疑問もあ

るので、私の記憶違いの可能性も高いですが。

投稿: 六万寺の少年 | 2008.07.21 05:57

>ぢ様

めっそうもない・・・(^^;;;;;

>六万寺に少年さん

先輩は・・・やめてくだしゃい・・・(^^;;;
えー新聞配達を・・・朝夕ですか?

N中学校付近のお地蔵様は、校門でて北へ
すぐの四つ角を西へ、N手農協の隣、小学校の前です。
あのあたりは、ごそっと家が立ち代って、私もどこやねん
状態でした・・・牛乳屋に、八百屋があったはずなのに
そこは更地でしたね。

投稿: 路爺 | 2008.07.21 09:23

そうですか、なるほど。

あの辺は地蔵サンが多くて。

僕の言う地蔵は幻の地蔵だったのですね。

幻で一つ増えるくらい、

我等の故郷は地蔵サンの多い地域なのでした。

南北朝時代の戦乱の犠牲者を弔う地蔵も多いらしいです。

六万の六は「霊」、万は「たくさんの」、

つまり、たくさんの魂が眠る場所、みたいです。

投稿: 六万寺ボーイ | 2008.07.21 14:56

>六万寺ボーイ様
はじめまして!
我が家近くの、お地蔵様の蝋燭から出火し~
再建された御家には、お地蔵様が姿を消したのが昨年…

どこに行かれたのか??

お地蔵様は悪くないのに…

投稿: inisieJOLY | 2008.07.21 18:53

このマーク、なんかいつも見ていたような・・。
学生の頃の自転車、セキネだったのかなぁ?
リヤカー?サイドカー?
テント・寝袋・鍋釜積んでどうでしょう?>浮さん^^

投稿: bean | 2008.07.21 22:06

>六万寺ボーイさん

ほー六万寺には、その様な意味があったんですか?
昔、往生院の奥に滝がありましてね、一度だけ行ったことが
ありますが、なんかやたらと「気」を感じる場所でしたわ。
あと、鳴川峠への谷道も同様な「気」がたむろする場所ですね。

>古さん

神社は合祀で消滅、消えたお地蔵さんは何処に?

>古豆さん

ほーセキネ自転車やったんですか?
リアカーキャンピング車でっか。。。漕げるんかなわし?
MTBのリアカー仕様やったら漕げるかも???

投稿: 路爺 | 2008.07.22 08:38

>insieJOLYさま、はじめまして。
>路爺さま、何度もありがとうございます。

そうです、「気」、「気配」なんですね。

僕が今までで強い「気」を感じた場所は、

談山神社境内の破裂山に向かう石段の前の広場みたいな所、

それと石上神宮の鳥居から進んで、

メインの拝殿に入らず、

そこを30メートルほど通り過ぎた所にある一本の大木の辺

りに漂う何とも言えない張り詰めたような気配。

そういう場所をえらんで神社を建てたのか、

神社が、そういう気配を創りだすのか。

前者8割、後者2割くらいの影響かなと個人的には感じてま

す。

投稿: 六万寺ボーイ | 2008.07.22 12:55

>六万寺ボーイさん

あと「過去に天変地異が起たが大丈夫」てな場所もでしょうね。
伊丹の稲野神社は、震災のとき、なんともなかったです。
なんで東には城跡もありです。
尼崎の新幹線付近の神社も被害なし。。。
考えたら新幹線って、地盤のしっかりしたところを敷設してるでしょ。
そんなこんなを昔の方々は、長い時間の経験で知っていたんでしょうね。

投稿: 路爺 | 2008.07.22 13:52

わぁ~ またまた痛く感動! セキネに反応!サドルの穴に変に反応! 幼き頃亡き父に乗せられたセキネ号・・・よくブレーキパイプに、幼き指を挟まれた(今から思えば、凄い構造のブレーキ!)懐かしい思い出・・・小学生の頃に買ってもらった、ツバメ号、当時奈良に住んでいたので、昔の奈良交通のバスの配色、ミントですがな!異彩を放ってました中学の頃・雑誌「子供の科学」で特等の英国製自転車が当たり大喜び! しかし到着したのは愕然とするデザインのブチャイク系 今から思えば驚く「ラーレー社製造」今は廃屋となったところで鎮座したはります。この自転車JIS規格と違うため 片田舎の自転車屋さんでは部品無し! 無理矢理ネジキリをした思い出が・・・もう40数年前のお話です。
奥方を洗脳させはった歴史に乾杯!

投稿: takapon | 2008.07.22 16:43

>takaponさんも反応〜♪

私も父に乗せられて。。。って想い出がありますね。
ラレー社の不細工な自転車??? 気になりますなー
自転車馬鹿にとっては〜
今もあるんでしょうか。。。写真あれば見たいですわ〜
見たら「おおおおっ!!」となるかも〜

投稿: 路爺 | 2008.07.22 16:53

六万寺というのを拝見すると
四国遍路の屋島から八栗へ向かうときの
六万寺を思い出します
そも八栗寺は六万寺の奥之院の
位置付けだったと言われているくらいの
古刹だったのに今はひっそりと
その名前を残すだけのような小さなお寺

投稿: 幽黙 | 2008.07.22 22:59

>幽黙さん

六万寺というお寺が。。。ほーっと路線検索したら・・・
高松琴平電気鉄道志度線にあるんですね、六万寺!!
ちなみに瓢箪山は、名鉄瀬戸線にもありますね。
東大阪には「六万寺」という地名だけ残り、高松には
六萬寺というお寺がある・・・もしかしたら関係が
あるのかも~

投稿: 路爺 | 2008.07.22 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お。路地奥に七不思議??? | トップページ | 京の夏・涼菓子 »