« 宝塚聖天さん<2>ゼロ戦 | トップページ | あッかるーいナっショナぁ〜ル♪ »

2008.10.08

宝塚聖天さん<3>小林佐兵衛翁像

鳥居もレプリカ零式艦上戦闘機も見て、さて帰ろうかと広場を見たら「小林佐兵衛翁像」を収めたお堂???・・・ここの創建に携わった人かいなぁ~・・・と

Img_3680

お堂の中を覗いたら・・・うっわぁっ!! 等身大×1.5倍の木像ではありませんか!! なんせ下調べせずに徘徊するもんだから、いったいこのお方は、どこの誰さん???

Img_3679

名前をネットで調べたら、幕末から明治にかけて大阪で活躍した任侠で、司馬遼太郎さんが「俄浪華遊侠伝」という小説を書かれています。今、読み出したんですが、コレがなかなかおもろい!! 見知った大阪の地名がわんさか出てきますわ。

|

« 宝塚聖天さん<2>ゼロ戦 | トップページ | あッかるーいナっショナぁ〜ル♪ »

コメント

司馬遼太郎の「俄」
面白かったですね~
あれはいいですよ

投稿: 幽黙 | 2008.10.09 00:28

幽黙さん、読んだはりましたか〜
任侠ですからね、大河ドラマには、ならんでしょうね。

投稿: 路爺 | 2008.10.09 09:12

俄・買いましたがな! 司馬遼太郎唯一の「ヤクザ」ものなんですね、チョイ読みで気になったのが「蜆川」で、検索すると・知りませんでしたワ、堂島付近の支流があったこと自体・・・この時代に生まれていれば、私通ってます・・お茶屋さんに、夕方なんか情緒丸出しでしたでしょうねキット!。昭和40年代後半にTVドラマで監督が山田太一・主演・林隆三で放送されていたことにも驚き!ですね。忘れかけてた地名に出くわし懐かしさ思えます、ご紹介ありがとうございます。検索結果は、http://www.eonet.ne.jp/~otora/page172.html

投稿: takapon | 2008.10.11 10:29

ほードラマ化されてたんですね。
でも、どんな浪速言葉のイントネーションで
会話してたるんでしょうね~
たしか、この川の碑が、2号線から北新地に
入ったすぐのところにあったような・・・

投稿: 路爺 | 2008.10.11 12:54

だんさん!これだすな・・・秋の夜のググルと何でも出てくる怖さかな。http://ojyamamushi.blog.eonet.jp/.shared/image.html?/photos/uncategorized/2008/07/30/bjmsiyv3_s.jpg 

投稿: takapon | 2008.10.11 20:20

すんません! リンクハズレです! こっちが正解 
http://ojyamamushi.blog.eonet.jp/kakuekiteisya/2007/03/index.html 

投稿: takapon | 2008.10.11 20:24

あ、他にもあったのね。
私は、北新地 川跡 碑で検索。
毎日、通勤で通ってましたが、このような話に
つながってくるとは知りませんでしたわ。

http://www2.odn.ne.jp/sallie/osaka-sijimigawaato.htm

投稿: 路爺 | 2008.10.11 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宝塚聖天さん<2>ゼロ戦 | トップページ | あッかるーいナっショナぁ〜ル♪ »