« 天神橋筋商店街の「ん?!♪」 | トップページ | 【宝塚】旧良元村領域/真っ赤な鉄な小屋は・・・? »

2009.08.12

淀屋橋・貸しボートの構造学的な考察

前での貸しボート、構造をみてみましよう~の前に・・・この風景、5年前と変わっておりまへんなぁ・・・ええんかい、市役所前放置状態で?ボート自体は、かなり風化進みましたねぁ~

Imgp0771

船体構造で大事なのは、前(バウ)と後(スターン)と船底(ボトム)の形状。バウは波きり、スターンは舵きり、ボトムは回転性に影響します。このボートは、バウは大きな波でも乗り切り、ボート自身が作り出す波を最小限に抑え推進力の減退を防ぎ、ボトムは回転性のよい平底になっておりますが、キール(竜骨)に直進性をますために一本長い棒が取り付けられているのと、スターン側にしかりとした舵取り板が付いている上、船体幅が大きく、直進性と横揺れにたいする安定性が優れた構造となっております。先ほども述べましたが、船底の形状がよい流体力学に則った合理的なデザインになっており下流に流されても腕力があれば、安全に船着場に戻れたものと考えられます。しかし、このボートの横にある平底の白いボートは、安定性はあるものの、漕ぎ感が重く、運動性能も悪かったものと思われます。つまり、赤底ボートは、川とか海などの「流れ&波」のある環境を想定して設計されているのに対して、白底ボートは「静水面」で安定した使用、つまり「釣り用」にと考えた設計になっているわけでありますと推論・・・ほんまかいなぁ~わしの説???

Imgp0773

しかし、船体はグラスファイバー製なので耐久性も抜群!! 腐りまへん、朽ちまへんので廃棄費用がバカになりまへん。

Imgp0774

ボートより先に船着場が朽ちる可能性が大きいかも。。。(^^;;;

Imgp0775

|

« 天神橋筋商店街の「ん?!♪」 | トップページ | 【宝塚】旧良元村領域/真っ赤な鉄な小屋は・・・? »

コメント

物理は全くわからないのに、担任が物理の先生やったんで、大学受験に物理を選択して一問目意外は全滅したアホでございますぅ。
ボートの構造はよーわかりませんが、かつては浮いていたんでございますね?
つまり、同じ容積の水よりは軽かったんでございますね? なんか腐って水分含んで重たそうに見えんこともありませんが。
市役所のそばなんですか?
ペンキ塗ってオブジェのふりなんか出来ないんでしょうか?(笑

投稿: Jun | 2009.08.12 14:36

私は化学でしたわ。。。
市役所のまん前。。。災害救助用かと思いましたが
あまりの朽ちぶりに・・・(^^;;;

投稿: 路爺 | 2009.08.13 09:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天神橋筋商店街の「ん?!♪」 | トップページ | 【宝塚】旧良元村領域/真っ赤な鉄な小屋は・・・? »