« <京都:嵐山~太秦>10/大映通り商店街 | トップページ | 神戸市/垂水1:まずは舞子、若宮八幡宮 »

2009.11.24

<京都:嵐山~太秦>11/蚕ノ社

さて、最後は「蚕ノ社」でしょーの前に大酒神社に立ち寄りましょう~ここは、ほれ以前、かもさんと行った穴織宮伊居太神社(池田市)漢織呉織松(JR西宮駅)同じようないわれなのかと・・・
Imgp1237

クリックすると大きくなります。2社の由来説明を読むと大酒神社の由来にある漢織、呉織と、穴織宮伊居太神社の二人の縫工女とは異人とあると書かれてますね?・・・どうもこの縫工女の記述が前々から気になっていて、一度、その関係の地をたどってみたいと思っています・・・奈良県のあやめ池、京都府の綾部等・・・いつのことになるやら。

Imgp1241_3

少し東へ歩くと蚕ノ社(この呼び名は通称で、正式には「木嶋坐天照御魂(このしまにますあまてるみむすび)神社」といいます。神社周りの森を「元糺の森(もとただすのもり)」と呼ぶそうな。

Imgp1246

神殿、拝殿は明治以降のものだとか・・・

Imgp1535

なぜ蚕ノ社と呼ばれるのかといいますと、
本殿東側にある蚕養(こかい)神社(東本殿)が祀ってあるからといいます。

Imgp1538

柱が邪魔をして、うまく撮れまへん・・・

Imgp1551

なので各地から養蚕や織物の関係者の信仰を集めていたそうです。なので、神殿の石垣に・・・西陣の方々が、この石垣を奉納したんでしょうね。

Imgp1545

なので帰り際、一の鳥居をしかと見ると・・・あら・・・(^^;; 糸偏産業に力があった時代の産物でしょうね。

Imgp1564

 ちなみに神紋は、葵。

Imgp1547

有名なのが、ここ・・・神社周辺の道路工事の影響で泉が湧き出なくなってしまったとか。本来は、三角鳥居の真ん中の石組みのところから泉が湧き出ていたそうです。今は、枯れてしまったので神事のときだけ水を入れるそうです。

Imgp1542

帰り際に気付いたんですが、境内に入ってすぐにお稲荷さんが祀ってあります。

Imgp1555

洞穴みたいな状態にして祀ってあります。毎回、お稲荷さんで感じる「いてはりますわ度」びんびんでしたね。

Imgp1557

お、そうそう、お稲荷さんの横に・・・椿も神さんになるみたいですね。

Imgp1561

おまけ・・・出たところすぐ・・・コナレてますなぁ~♪

Imgp1563

|

« <京都:嵐山~太秦>10/大映通り商店街 | トップページ | 神戸市/垂水1:まずは舞子、若宮八幡宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« <京都:嵐山~太秦>10/大映通り商店街 | トップページ | 神戸市/垂水1:まずは舞子、若宮八幡宮 »