« 東京プチ徘徊<14>氷川神社(目黒)-2 | トップページ | 大阪城大手門の小穴四つは何用で??? »

2011.02.24

剥栗鼠と塗栗鼠

剥栗鼠(左)は、ご近所の仁川団地内の動物遊具。塗栗鼠(右)は、京都宝ヶ池・子どもの楽園のもの。よく似た意匠やなぁ~と思ったらともに昭和34年頃(1959年)に建造されたもの。ここまで似ているということは、この時代の動物遊具には意匠的なモデルがあったんでしょうかね?

Imgp0228
ということは・・・子どもの楽園にあった・・・うさぎさんとか

Imgp0226
青河馬さんは、どこぞの公園にひっそりと今もいるんでしょうか?類型が見つかれば、その公園の年代測定にもつながるってことですね。

Imgp0230

|

« 東京プチ徘徊<14>氷川神社(目黒)-2 | トップページ | 大阪城大手門の小穴四つは何用で??? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京プチ徘徊<14>氷川神社(目黒)-2 | トップページ | 大阪城大手門の小穴四つは何用で??? »