« 京都・ちょいと清水<3>参道脇 | トップページ | 京都・ちょいと清水<5>地主神社は恋の神 »

2011.05.27

京都・ちょいと清水<4>石モノ

参門に・・・

Imgp2631
基準点標石やってぇ~・・・何ゆえにここでポツネンと保管???

Imgp2632
先ほどの境界石同様、境内のどこかに半分埋もれていたんでしょうね~

Imgp2633
参門の階段の奉納石柱・・・意匠が凝ってますね・・・刻まれているのは「高棚石鹸」じゃないなぁ・・・ああ、そうか「高欄石階」かぁ~寄進した部分を指してるのね・・・って、久原庄三郎を検索・・・あら~明治の実業家!!

Imgp2635
その真向かいに詳細が掘られてました。毎回思うけどもこの手の寄進者名、しっかり解説板なりつけるべきかと・・・これだって立派な歴史的な文化財と思うのでありますが。。。でも明治41年8月って、久原庄三郎氏が亡くなった年? 奉納ではないな。。。???、

Imgp2636

|

« 京都・ちょいと清水<3>参道脇 | トップページ | 京都・ちょいと清水<5>地主神社は恋の神 »

コメント

カボチャ石かと思いました。

さっきの老舗リレーなんですが、考えたら、取材拒否の店って、皇族御用達とか、国宝級の障壁画(尾形光琳)所蔵とか、神社の中にある店とか、格がそんじょそこいらの店と違うんですが、その店が素直に従う、一番最初の店が、一番すごくて、その店がテレビを受け入れたから、取材OKしたのかなぁ? って。
日本最古の蕎麦屋「本家尾張屋」なんですけど(応仁の乱の前年創業)、行かはったことありますか? HP持ってはって、メニュー見たら、庶民的なお値段、メニューでしたわ。

投稿: Jun | 2011.05.28 09:02

ぶは~その蕎麦屋の辻を東に上がってすぐのとこに
京都で働いていた時の事務所あったんでしょっちゅう行っておりました・・・

投稿: 路爺 | 2011.05.28 14:54

をを! そりはまたうらまやしい!(笑

投稿: Jun | 2011.05.28 15:53

それよりもこの近所に玄関に暖簾も何もない
卵丼オンリーの店がありましてね・・・
そたもう、旨いのなんのって!!~が、場所失念(ToT)

かぼちゃ石!!
あははは、ワロタ!!
んで、じっと見直したら菊でしょ?これ
でも、かぼちゃ石と指摘されないと気づかなかったです!!

投稿: 路爺 | 2011.05.28 16:23

That's way more clveer than I was expecting. Thanks!

投稿: Lynda | 2011.06.22 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 京都・ちょいと清水<3>参道脇 | トップページ | 京都・ちょいと清水<5>地主神社は恋の神 »