« 近場で撮り遊び (Super-Takumar)-4:変な細道 | トップページ | 旧宝塚温泉実存痕跡探査<2>百年続くすし屋さん「琴月」 »

2013.02.06

旧宝塚温泉実存痕跡探査<1>まずは、おさらいから・・・

さて、前回、川面皇太神社の奉納者名に旧宝塚温泉の旅館やお店の名前を見て、いろいろと調べてみた~の続編です。まずは、おさらいです。この神社名の石柱の土台部分に奉納者名を刻んであったんですね。

Imgp8244
大正11年7月に参道を直したそうです。手前の石柱に年号と月が刻んでありました。上の神社名の石柱は、その一年後に建てられたんですね。

Imgp8248
他に何か実存した証があるかと・・・もう一度、神社名の石柱を観察・・・ん?てっぺんに何やら文字が・・・

Imgp8260
おお!! 何やら会社名が・・・宝塚鉱泉株式会社と製氷会社!!共に温泉街に関連する会社でしょうね。左に彫られている三人の氏名は、この会社の関係者でしょうかね?

Imgp8263  
その下に世話人の氏名・・・個人名は、わからんでしょうね。

Imgp8255
境内にもあるかと・・・おや、この石柱が打ち捨てられてましたわ。

Imgp8251
帰宅後、ネットを探していたら10年前の大正2年3月頃の旧宝塚温泉の地図を発見。残念ながら上記の会社名は見当たりませんが、宝来橋の下に「炭酸会社」ってありますが関係あったんでしょうかね?

Photo

|

« 近場で撮り遊び (Super-Takumar)-4:変な細道 | トップページ | 旧宝塚温泉実存痕跡探査<2>百年続くすし屋さん「琴月」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 近場で撮り遊び (Super-Takumar)-4:変な細道 | トップページ | 旧宝塚温泉実存痕跡探査<2>百年続くすし屋さん「琴月」 »