« 続:旧宝塚温泉実存痕跡探査:消えた宝塚グランドホテルの美女 | トップページ | 【京都銀輪徘徊】<2>東山駅・大将軍神社 »

2013.10.05

【京都銀輪徘徊】<1>祇園・歓喜神社

久々に京都銀輪徘徊(半分お仕事)~まずは、祇園ど真ん中にある歓喜神社。うー完璧な逆光。朝帰りのおねいさん、おにいさんがウロウロな朝の9時頃。

P1030247
門が閉まっていたので中には入れず。あら地図には「歓喜神社」とあるのに「歓亀大神」になってる? 地図が間違ってるのかな?

P1030251
奉納者のお名前も・・・お水系ね。

P1030250

後日・・・参門が開いている時間にお参りしました。あ・・・お稲荷さんやったんや~朱塗りの鳥居やん・・・最初から気づけよ>自分(^^;;;

Sh3j1863
当然、狛犬ではなく狛狐さん・・・うー誰かに似てるなぁ~このお狐さん?

Sh3j1864

相方は子連れ・・・しかし、でかいお耳やん?

Sh3j1865

|

« 続:旧宝塚温泉実存痕跡探査:消えた宝塚グランドホテルの美女 | トップページ | 【京都銀輪徘徊】<2>東山駅・大将軍神社 »

コメント

元は「亀」で、縁起の良い字の「喜」に換えたのでは?
うちの町内に「安楽田」と書いて「あらた」と読む地名があるけど、神社(式内)は「荒田神社」。
荒れた田圃より安楽な暮らしが出来る田圃ってこと・・・?

投稿: Jun | 2013.10.07 22:54

葦が生える悪しき場所で芦原
それを「良い場」に転向させる思いで「吉原」と
変化したそうな
荒田もその類かもしれませんね・・・

投稿: 路爺 | 2013.10.07 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続:旧宝塚温泉実存痕跡探査:消えた宝塚グランドホテルの美女 | トップページ | 【京都銀輪徘徊】<2>東山駅・大将軍神社 »