« 【近所】 実践!!紆余曲折 | トップページ | 【古物NET探索】<2> THE METROPOLIS »

2014.02.22

【古物NET探索】<1> SLAN A.E.VAN VOGT

さて、路地徘徊に出向けない日々、古本屋、中古カメラなんぞを漁り徘徊欲を癒しているが、時たま路地モノに出会うに似た由緒ある古物に出会うことがある・・・なんてコトで、最近出合った「おおっ!?」ものをアップして見ます・・・まずコレ、おお!!未読のSF作家の作品やん!!ヴァン・ヴォーグト氏の作品は何故か読んだことがない。新しい人類スラン・最新科学小説全集、これは表面。

P1060054
裏面・・・定価210円を西宮北口の古本屋で300円で購入。発行元は元々社・・・で、そのSF界では有名な出版社らしい。ココとか、ココに記載あり。この本は奥付に昭和31年9月25日発行とありますが、翌、昭和32年に20冊のSFを残してもろくも倒産してます。

P1060055
見開くと・・・ヴァン・ヴォーグト氏の写真。

P1060052
挿絵付・・・拳銃を持った悪漢って感じ・・・あんちーくですなぁ~挿画・水島爾保布氏とあります、ネットで検索・・・おお、東京芸大卒!!しっかりWikipediaに載ってますわ。画像検索をすると中々な絵を描いてはります。

P1060053
ちなみに現行の表紙はこんな感じ・・・元々社発行時の翻訳は尾浜惣一氏、ネットで検索するとこの出版社の書籍しかでてきません。↓こちらの早川書房発行本の訳者・浅倉久志氏は、しっかりWikipediaに出てきますね。読んでいる本が何冊かありますわ。

51lpwzmm6nl_sl500_
カバーに「第10回配本 第12巻」って???なんやねん?と最後あたりの頁をめくたら、順番どおり刊行されていなかったみたです。こちらに19巻までのリストがアップされています。倒産までにSFを20冊って記載がありましたが、残り1冊は???謎です?

Hp008
中に挟まったままの二つ折りのチラシの表面・・・寄稿されている北村小松氏もWikipediaに!!劇作家・小説家・脚本家でっか~

Hp006
もう中面・・・寄稿者・徳川夢声氏・・・名前は見たことがありますが・・・当然Wikipediaには掲載されています。元々社刊行本の訳者・尾浜惣一氏のみが歴史から消えてしまっているんでようかね?しかし・・・Wikipedia、凄い!!

Hp007

|

« 【近所】 実践!!紆余曲折 | トップページ | 【古物NET探索】<2> THE METROPOLIS »

コメント

古書、夢広がりますね。
子供の頃、母の実家に祖父の書斎があって、今だったら値打ちものがいっぱいあったけど、伯母さんが捨ててしまった(苦笑
江戸川乱歩なんか凄い古い本があったのに!
「南総里見八犬伝」は馬琴が書いたそのままの文章の本でした。挿絵付きで。
古典落語もありましたねぇ・・・(遠い目)
「スラン」は名前だけ聞いたことあります。
刊行に関わった人々まで調べるなんて、おぬしただ者ではないな(笑

投稿: Jun | 2014.02.22 19:43

>Junさん

書斎!?憧れですね~
私の祖父は銭湯、父は電気工事の職人で・・・
書斎というよりも書籍がない生活でした(^^;;;;
ヨメさんの方は、祖父が神戸大卒、祖母が同志社女子大
だったので書籍があったそうですが震災で半壊になり
かなり廃棄・・・うーと思える書籍はレスキューしました。
いずれそのうち機会があったらアップしますね。
でも、インターネットの時代って凄いね~たいがい分かるものね~♪

投稿: 路爺 | 2014.02.23 10:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【近所】 実践!!紆余曲折 | トップページ | 【古物NET探索】<2> THE METROPOLIS »