« 【京都】 続・小ネタ集<7> 京都鉄道博物館展示車両とアオサギとぬこ | トップページ | 【京都】 饅頭怖い~♪ »

2015.01.04

御神酒と御餅

年末26日から正月休み・・・なんかずーーーっと掃除をしていたような気がしますわ・・・で、初詣は1日、例年同様に実家近所の枚岡神社へ~今年は、御神酒をいただいてみた。

P1020829
心づくしをお納めして、巫女さんについでいただく・・・樽酒の銘柄は「月桂冠」。ほのかに樽の香りがする。飲みながら酒樽ってスギ?ヒノキ?どっちやったろうか???

P1020830
盃には神社の紋が入ってます。当然、返却。瓢箪山稲荷さんは先着何名様かでくれましたね。

P1020831
帰りに奉納者名を刻んだ石柱をふと見たら近所の閉鎖した工場の名前がありました。屑鉄を集めて再精製して鉄線を作る工場でしたが、今は駐車場になってます。これから何十年と社名だけ残っていくんでしょうね。左右の金鍋・太平と株式会社大軌が気になるんで、あとで調べて見よう~♪

P1020833
2日は、1日同様に夕方近くに雪!!夜中にも降ったみたい。ゴミをほかしにいったらこんな感じでした。

P1020862
既に月が煌々と・・・明日の朝は凍結かって感じでしたね。

P1020864
3日は自宅近所の熊野神社で御神酒と御餅を配るというので参拝。こちらは巫女さんはおらず、各自手酌で~

P1020875
樽酒の銘柄は「白鹿」・・・ふと共にメジャーな酒造メーカーの樽酒ですが、マイナーな樽酒というものあるんやろかと?

P1020880
盃はなく紙コップ・・・ん?金粉が入った~♪

P1020877
御餅の方は氏子の方が・・・って、かなりの年輩で、若手ゼロ?その内、御餅を打てなくなるかもな・・・でも、腰を入れて連続して餅を打たれる姿に感服でありました!

P1020874
ふるまわれたのは、雑煮、ぜんざい、あべかわ・・・私はコレ・・・めちゃ甘い~♪

P1020882
うちの子は容器持参・・・ちょっと氏子のおちゃん、呆れてました(^^;;;・・・家で待つ母と姉の分以上のもらっていたような・・・

P1020890
この日、摂社の扉が開いてました。これはお稲荷さん・・・ん?こっちのお供えの酒は月桂冠やん。てな感じの御正月ありました。

P1020888

|

« 【京都】 続・小ネタ集<7> 京都鉄道博物館展示車両とアオサギとぬこ | トップページ | 【京都】 饅頭怖い~♪ »

コメント

あけましておめでとうございます。

我が家の初詣は、大雪の2日に但馬国一ノ宮、朝来市の粟鹿神社へ行きました。
雪の中の神社は色っぽいです。
御神酒は、粟鹿神社のものはよく知られているのですが、青竹の筒に入ったお酒を竹の柄杓(葉っぱが付いたままの竹)で汲んで土器(かわらけ)で飲みます。
きんきんに冷えて辛口の美味しいお酒ですが、銘柄はわかりません。知りたければ社務所で聞け! ですね(笑

投稿: Jun | 2015.01.05 07:01

JUNさん、おめでとうございます。
あの大雪で出動!でっか。。。凄い、私にはできまへん。
青竹の〜かぁ、ええですね。
どこかで飲んだ記憶がありますわ・・・竹の香りがして
いいんですよね〜♪

投稿: 路爺 | 2015.01.05 10:40

御神酒と言うのは、蔵がその年に出来た最上のお酒を奉納するものだそうです。
個人の場合は予算もあるだろうけど、多分一番美味しいのを選って神社に奉納するから、メジャーでもマイナーでも美味しいには変わりないと思いますよ。

それにしても、お餅を黄粉でまぶして配るのは珍しいのでは?
善哉とかお汁粉はよくありますけどねぇ。

投稿: Jun | 2015.01.05 22:01

酒蔵が奉納・・・なるほど、それが「正しい御神酒」なんですね。
だから広田神社とか西宮戎神社に行くとドーーーンと樽酒が積んであるんですね。
再度、上記2社を見たら・・・枚岡神社は「東豊浦御神酒奉納会」とありますし
熊野神社は個人宅名で「献酒」とありますわ~酒蔵でなく有名どころから
購入して奉納されたわけですね。

投稿: 路爺 | 2015.01.05 23:22

日本酒の最古のレシピは古事記にありますね。
素戔嗚尊が八岐大蛇を退治するところ。

我が町では、播磨国風土記に 「的場の女神の甘酒作り」が載っています。

投稿: Jun | 2015.01.06 07:03

わお???的場の女神の甘酒作り!!!
的場は地名?名字?・・・検索するも出ない???
ここかな?
http://www.kkr.mlit.go.jp/himeji/outline/river/database/kako_scene/34.html

投稿: 路爺 | 2015.01.06 10:10

毎度~!あけましておめでとうございます。

大軌は近鉄の前身だったような~
我が町にも大軌橋が有ります。

大阪市内に奈良からの乗り入れを画策していた名残と長老さんに伺ったことがあります。

今では近くを近鉄バスが走っています。

投稿: inisiejoly | 2015.01.06 15:38

若さん、あけおめ〜♪
今年は、どれだけポタ行けますかね〜
株式会社大軌を調べたらクリーニングの会社でした。
奉納者の名字と現社長が同じでありましたわ。
大和鉄線横の金鍋・太平は枚岡神社近所の有名なすき焼き屋でしたが
既に閉店しているみたいですね・・・食ってみたかったなぁ〜

投稿: 路爺 | 2015.01.06 17:55

甘酒の女神様は、多可町加美区の的場の伝説です。
旦那さん(息子の父神と表現されています)に甘酒を持って行ってあげるそうですが、その時女神の行く手を人間が横切ると「無礼者!」と怒って祟ります。だから的場の交差点で交通事故が多い、と何故か東大出身の偉い学者が本に書いています。
(事故なんて滅多にないけど・・・)

姥神様は息子の父神が誰なのか、安藤美姫並に言わなかったのですが、神様が集まって酒盛りした時に、子の神に甘酒を渡して、「お父さんに差し上げなさい」と言ったら、子神は天一目箇神(あめのまひとつのかみ)に甘酒を渡したので、父親が誰なのか判明した、とあります。
天目一箇神は鍛冶の神様で、西脇市平野町に天目一箇神社(式内社)があります。
例の絵柄のついた電車の記念館の近くです。


投稿: Jun | 2015.01.06 22:10

うー面白そう!!
前々から自分の名字の地を訪ねてみたいと思ってました。
地名語源的には「広場」からの転記とか
人名事典では「神事の射手を出す家」とか・・・奈良に
出身地があるとか・・・色々と~
今年の徘徊テーマにしていいかもなぁ~
かの地に行くには、折り畳みでなくフルサイズのツーリング車を
輪行袋につめて出向かないと~などと計画を練ってみるかな・・・
JUNさん、情報に感謝です!!

投稿: 路爺 | 2015.01.07 00:22

ちなみに、多可町の的場は、荒田神社(播磨国二之宮)の流鏑馬を行う場所でした。
昭和の初期までしていたそうです。

投稿: Jun | 2015.01.07 07:02

流鏑馬。。。やぶさめ!!
まさしく「的」場ですね。
神事からの地名ってことでしょうね。
面白い!!
重々、情報、ありがとうございます。

投稿: 路爺 | 2015.01.07 09:11

にわです。
平岡神社って、八尾の北の方にあるところ?あの近くに、憎たらしいなんとか峠っていうのがあるでしょ、二連敗です。

投稿: にわ まこと | 2015.01.15 12:48

にわさん、お久〜♪
枚岡神社は東大阪市で、激坂峠は「暗峠」
ジープも登れなかった坂
一個南の「鳴川峠」、上りは担ぎですが
奈良県側は乗れたりしますよ。

投稿: 路爺 | 2015.01.15 14:13

にわです。
そうそう、酷道308号線暗峠です。
http://kufuu-jyuku-niwa.blog.eonet.jp/default/2014/04/308-dd6a.html
鳴川峠って、ハイキングの道ですか?十三峠なら知ってます。

投稿: にわ まこと | 2015.01.20 14:51

暗、鳴川、十三と3つの峠がありまして
鳴川のみハイキング道です。
あ、私の実家、東大阪ってご存知でしたよね?
なので、このあたりは庭であります〜♪

投稿: 路爺 | 2015.01.20 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【京都】 続・小ネタ集<7> 京都鉄道博物館展示車両とアオサギとぬこ | トップページ | 【京都】 饅頭怖い~♪ »