« 【京都】仁和寺の瓦 | トップページ | リレー徘徊38:京都御室・仁和寺・御殿の庭編1 »

2016.11.28

【大阪池田市】応龍(飛龍)

池田市の西光寺にあった「頭が龍で、胴体は鳥」の彫り物。わたし的には初見だったんですが、「頭が龍&胴体が鳥」で検索したら簡単にヒット。天と地を行き来する「応龍」または「飛龍」というものらしい。わたし的には、ぱっと見、上橋菜穂子作「獣の奏者・エリン」に出てくる「王獣」やんと思ってしまったんですが、民俗学にも通ずる上橋さん、きっと応龍をモデルに王獣のイメージを創ったんでしょうねかね〜???

P1150440r

|

« 【京都】仁和寺の瓦 | トップページ | リレー徘徊38:京都御室・仁和寺・御殿の庭編1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【京都】仁和寺の瓦 | トップページ | リレー徘徊38:京都御室・仁和寺・御殿の庭編1 »