« リレー徘徊38:京都御室・仁和寺・御殿の庭編1 | トップページ | リレー徘徊40:京都御室・仁和寺2 »

2016.12.06

リレー徘徊39:京都御室・仁和寺・御殿の庭編2

仁和寺の庭編ですが、皆さん、庭ばっかみて感銘してはりますが、実は〜って話。仁和寺の御殿、実は平安貴族の寝殿造りの様式を今に伝えているそうで、一般公開している場所で、この手の造りを見れるのがここだけだそうな。庭見の先生について取材した時にこの話を聞いて改めて御殿と庭を見たらたしかに・・・でも、前にも描きましたが、明治に燃え、大正に再建されたんで国の文化財的には価値なしなんやとも。なので、行かれたら寝殿と寝殿を繋ぐ渡り廊下の風景をしっかりと堪能して見て下さい。十二単の姫君が出て来そうな感じしますよ。

|

« リレー徘徊38:京都御室・仁和寺・御殿の庭編1 | トップページ | リレー徘徊40:京都御室・仁和寺2 »

コメント

「文化的価値」って、再建されたものでも忠実になされたら価値あると思うんですけど。
ドレスデンの街は空襲で徹底的に破壊されたのに、忠実に復興されて世界遺産になったじゃないですか。

投稿: Jun | 2016.12.06 21:40

言えてます!!
鉄筋コンクリートで作った大阪城とわけがちがう!!

投稿: 路爺 | 2016.12.12 13:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リレー徘徊38:京都御室・仁和寺・御殿の庭編1 | トップページ | リレー徘徊40:京都御室・仁和寺2 »