« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017.01.27

リレー徘徊43:等持院界隈〜お庭を見る前に編

等持院のお庭を見るのだぁ〜の二回目、調べているうちに、あら、おや、なんと!!な内容が出て来て、毎度ながら京都の歴史の奥行きの深さには驚きました。萬年山真如寺って、燃える前は相国寺の塔頭のひとつで、金閣寺や銀閣寺と並ぶ規模やったらしい。燃え、その後の応仁の乱でさらに荒廃し・・・と京都の歴史を見ていると必ず出てくる「応仁の乱」、一度、しっかりと調べ直してみないといけないなぁ〜この乱で、いったいどれくらいの神社仏閣が消失したんだろうか?

| | コメント (2)

2017.01.19

リレー徘徊42:等持院界隈〜アプローチ編

洛北の山裾を鳴滝、御室、妙心寺と巡って等持院迄やってきました。今回は、等持院の周辺を北へ西へ東へとウロウロしてます。この地域には超有名な龍安寺、金閣寺があるんですが、一歩外れると観光客激変な京都の日常がある街なんですよね。下の写真は龍安寺の正門。なんて質素とこのとき思いましたが、あとで調べて妙心寺の46個の塔頭のひとつだったことが分かり納得した次第ですね。

P1300605r650x488

| | コメント (0)

2017.01.16

リレー徘徊41:妙心寺の2つの庭

新年は妙心寺からのスタートです。うちの亡き父親の菩提寺で、30年ほど前に参拝した限りで天井の龍の絵図以外は記憶も曖昧、今回、再訪してみて塔頭の多さにビックリ!〜46もあるなんてね!!当時は「庭」なんて眼中になく、あの有名な龍安寺が塔頭のひとつやなんて知りませんでした。桂春院の庭、いいですねぇ〜すぐ外に境内があるなんて微塵も感じないほどの静寂な庭でした。方丈の間で抹茶と和菓子をいただきながら惚けた時間を過ごせましたね。そうそう・・・妙心寺が観光寺でないなぁ〜と思ったのが駐車場、参拝者には無料なんですよね!!

| | コメント (2)

2017.01.12

宝塚温泉を歩く12 おさんぽミュージアム〜小濱宿から清荒神へ

子どもの頃からお参りしていた「清荒神」〜皆、こおじんさんと呼んでました。母の実家が銭湯やってたので、竃の神さんということでお参りしていたようですが、なんで火鉢奉納するねん?って、つい最近迄知らなかったワタシ(^^;;;

まして荒神さんって何者で、何をする神さんかもしらず・・・もっと言えばお寺に鳥居があって、なんで荒神さんやねんと疑問にも思わず、誰からも説明受けず・・・いかにも日本的な宗教観。30ん年の参拝歴の中で鐵齋美術館も今回お初・・・いやはや(^^;;;;
ここの参道、いくたびに店が閉まってる感あり、店主の高齢化とバス道が山門直下まで来ているので、その影響もあるんでしょうね。寂しいなぁ〜・・・
P1120935r

| | コメント (0)

2017.01.09

奉納コケッココーォ~♪

場所は、大阪緑橋の中本・八王子神社。雷神マークの上に立つ鶏の奉納石柱で、竹の管が出てるので御手洗盆と対なんかなぁ~?横の樽酒六丁って、どれだけの量の樽酒なんやろか?
Img_20170107_141611600x800

| | コメント (2)

2017.01.08

お初見~親子の神馬

お初見~親子の神馬

場所は、大阪森ノ宮駅東・中道の八坂神社。奉納された親子の神馬をはじめまして見ました。白馬=アルピノ→目が赤いと連想するのは理系頭の証(^^;

| | コメント (2)

2017.01.06

宝塚温泉温泉を歩く11:おさんぽミュージアム〜宝塚から小浜宿へ

新年初号投稿です。えーっと今回は、宝塚にある博物館やら美術館やらを廻るおさんぽコースの紹介であります。何度も言っている小濵宿であうが、いざまとめて書こうと思うと由来やらいわれが分からず頭ぐるぐる〜初稿を起こしてから1ヶ月かかりましたわ。その割に内容ないかも〜(^^;;;

Dsc00080r

| | コメント (4)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »