« リレー徘徊51:路上芸術in宝塚〜キャラ作品 | トップページ | リレー徘徊53:池田市彫刻の道を行く2〜駅前編 »

2017.04.13

リレー徘徊52:池田市彫刻の道を行く1〜ウォンバッド編

お隣の大阪府池田市、市政50年記念事業で市内に52体の彫像を設置したてな話を知り、宝塚の次はココを見て回ろうと思いまして、改めて池田へ行ってみました。明治末期迄、何事もなく繁盛した街だったのが鉄道が通り、交通網が整備されると商業地から住宅地へと変貌していくと人口は増えるものの商業資本が減る、ダイハツがあるものの大きな産業資本が無い。なんとか市政を盛り上げないと〜とあの手、この手繰り出して〜となり、その一貫の彫像で、そこに別の事業が平行して走り、新たな施策が実行され・・・まるで文化奨励の地層みたいな状態になっているのが池田なんかなぁ〜と。市のマスコット・ウォンバットのキャラクターも設定ばらばらで一貫性がなく、産まれては陳腐化する? そのウォンバットも高齢となり、若い個体を輸入しようとすると居住環境が適さないと却下され、資金集めをイベント化する。やるなぁ〜さすが北大阪の旧商業地!!って感じですね。商人のマインドが生きてるんでしょうな。おとなりの自称・文化と芸術街とは大違いですわぁ〜

P1160062r
P1150379r
P1150409r

P1150422r
P1160193r

|

« リレー徘徊51:路上芸術in宝塚〜キャラ作品 | トップページ | リレー徘徊53:池田市彫刻の道を行く2〜駅前編 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リレー徘徊51:路上芸術in宝塚〜キャラ作品 | トップページ | リレー徘徊53:池田市彫刻の道を行く2〜駅前編 »