« 【尼崎】大きな日時計 | トップページ | リレー徘徊59:池田市彫刻の道を行く7〜石橋駅編<1> »

2017.05.29

リレー徘徊58:池田市彫刻の道を行く7〜観光街歩き小林氏編

今回のコラムは、阪急電鉄の創業者・小林十三氏に関係する3つの施設を紹介してるんですが、「阪急学園池田文庫」「逸翁美術館(いつおうびじゅつかん)」「小林十三翁記念館(雅俗山荘)」の中で地味ですが圧巻なのは池田文庫ですね。残念ながら閲覧できた書籍の写真を撮って紹介できないのが残念ですが、阪急電鉄に関わる戦前戦後の催事関連のポスターや広報誌のアーカイブ、歌劇の広報誌、東宝関連の資料なんぞがドサッとあって・・・例えば戦中の「実弾爆撃訓練の見物」なんてポスターなんぞがあって、目にする度に「おおお〜!!!」の連発なんですね。雅俗山荘は、庭もよかったんですが残念ながら庭師が入っての剪定中で写真撮れずでした。

|

« 【尼崎】大きな日時計 | トップページ | リレー徘徊59:池田市彫刻の道を行く7〜石橋駅編<1> »

コメント

天井が高い家にして良かったな!(笑

綺麗に保存されていますね。
やっぱ財力かなぁ。
西脇市に豪農の家があって、現在は美術館なんですが、明治・大正・昭和の混ざった建築だそうです。
近すぎて行かないのですが、毎日前を通ってます。

投稿: Jun | 2017.05.30 06:54

居間でなくホール?
奇麗に保存されてますが、座敷に畳みがないのが残念
座敷に土足で入るのに抵抗感がありましたね。
そうそう三田にも下が日本家屋、上が様式って九鬼家の
屋敷が残ってました・・・次回の訪問地は三田の予定です。

投稿: 路爺 | 2017.05.30 10:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【尼崎】大きな日時計 | トップページ | リレー徘徊59:池田市彫刻の道を行く7〜石橋駅編<1> »