« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018.12.29

【篠山】輪行ポタ<24>古市編:稲荷神社(波賀野)

国道脇すぐにあるお稲荷さんで、以前のアップした「伝承:飛の山三四郎稲荷」の中に登場する稲荷のひとつかと思いますが、当地には由来や伝承に関する説明版はありませんでした。


P1180386
この日は、お祭りだったらしく国道の向こうにある鳥居に大きな幟がたってました。
P1180389
なかなか絵になる風景ですわ~♪
P1180390a
境内に入ると神殿前は広場になってます。
P1180388
社殿の規模の割に社額が立派で、旧陸軍の大将筆とあります。
P1180387
社殿と朱塗りの鳥居、風合いがあっていいですね~♪
P1180381
小ぶりながら中々凝った彫り物で、左右に兎が彫られてますね。
P1180379
彫り物の部分をアップ~
P1180379a

毎度の拝み石
P1180380
先代の狛狐でしょうか?
P1180383
顔の痛みが大きいですね。
P1180384
社殿脇にありましたが、遥拝所?それとも社跡?
P1180382
こちらも境内にありましたが・・・手洗い盆と奉納者の碑かな?
P1180385

| | コメント (2)

2018.12.28

【篠山】輪行ポタ<23>古市編:ニ村神社(見内)

駅前から1キロほど北東に行ったところにニ村神社があります。篠山にも同名の神社がありましたが、由緒書きを見るに氏子の間で揉めて分霊されたようですね。

P1180357
線路脇に一の鳥居?跡の碑があり、線路越しに二の鳥居が見えてます。
P1180373
参道です。
P1180358
神殿です。真新しい狛犬が迎えてくれます。
P1180363
神殿の周りに掘りが巡ってます。
P1180368
彫り物は簡略タイプ。改築した時に新調されたんでしょうかね?
P1180359
振り返ると・・・こんな風景。
P1180361
ここの手洗い盆かな?、変わった形してました。
P1180369
グルグルの渦巻き状になってます?
P1180370
境内には摂社もありましたが・・・
P1180365
霊場写しの社が・・・郡八十八ヶ所霊場会ってことは、この近辺に霊場写しが展開してるんでしょうね。うーん、これは、ちょっと巡ってみたいんで調べてみよう〜♪
P1180367

| | コメント (2)

2018.12.27

【篠山】輪行ポタ<22>古市編:駅前・秋葉神社

蛭子神社から旧街道を東へすぐにあるのが秋葉神社。入ってすぐに火の見櫓が・・・この手のものって公民館の敷地内によくあるんですが・・・

P1180355
境内から見たら入口を見ると手前が広場になってますが、神輿倉もなく、宮入の為の広場ない?・・・んーっと、この広場の役割はなんやろか?
P1180348
由来の看板を読む・・・昭和61年に大改修・・・篠山藩の郷倉があった・・・その跡地の広場だったのね。昔から「公的な場所」故に火の見櫓も境内にあるわけね。
P1180349
火伏の神様やったら通常、愛宕神社ですが、秋葉神社は徳川綱吉の治世以降に全国に広まったそうで、幕府よりの藩政との関わりがあったんでしょうね。狛犬は、ごく一般的・・・あ、神殿の写真を撮り忘れてる・・・(^^;;;;
P1180350
神殿撮らずに拝み石はしっかり撮ってたりする・・・
P1180346
昭和61年に神殿の大改修をやった・・・ということを前提に彫り物を見ると・・・
P1180332
彫り方は蛭子神社どうようエッヂの立たない丸みを帯びた彫り方ですね。
P1180333
龍を口の方から見ると・・・けっこう立体的に彫られています。紅い彩色は、大改修の時に付けられたもんでしょうかね?
P1180339
ここなんか見てると彫り物と柱との接合部分に違和感があるんで、彫り物は旧神殿のものを使用して、建物部分は新調したのかな?って感じですね。
P1180334
竹に虎、中々細工がいい彫り物で〜♪
P1180337
ちょっと引きで見ると・・・取って付けた感がありますが・・・(^^;;;;
P1180340
ん?鳥の彫り物?
P1180342
嘴が異様に大きな鳥ってなんやろか? 大きな嘴の鳥だと郭公とか、夜鷹?
P1180341
秋葉神社の信仰となんか関わりがあるのかな?
P1180343
反対側は、こんな鳥です。
P1180344

| | コメント (2)

2018.12.25

【篠山】輪行ポタ<21>古市編:駅前・蛭子神社

駅から旧道へ、すぐに蛭子神社があります。それほど大きくないのであるが・・・

P1180324
まず、注連縄を渡す二本の石柱、彫られた文字の達筆さ!!
P1180322
こうも流暢に筆で書けない文字を刻む技の凄さ!!
P1180323
あきらかに玉垣のとは違ってます。
P1180325
この地方、毎度な拝み石。これも奇麗な造形です。
P1180321
狛犬の意匠は、この地区の他のモノとは違ってました。
P1180306
後から〜♪顔は独特ですが、造形は浪速型の基本を踏襲してますね。
P1180316
ここにもありました紀元2600年の費
P1180303
飾り瓦は、蛭子さんなんで鯛
P1180317
奇麗な板間の拝殿、その向こうに神殿。
P1180302
神殿は、覆いに囲まれてます。
P1180315
さて、この神社の木彫・・・これが凄いです!
P1180304
先にアップした篠山平野の木彫とタッチが違ってますね。彫りのエッヂが立ってません、丸みを帯びた彫り方です。作家集団が違うのか?彫られた年代が違うのか?
P1180305
見事であります。
P1180307
興奮して撮ったので・・・
P1180312
神殿のどの部分の彫り物か、わからん(^^;;;;;
P1180300
興奮撮りは続き・・・
P1180301
うーすごおおお〜を連発し・・・
P1180318
反対側も凄い!!
P1180319
さらに、さらに、普通は神殿の裾部分には彫り物がありませんが・・・波兎ですね!
P1180308
驚きですわ〜♪
P1180309
風雨にさらされて、痛んだ部分が多いですが・・・
P1180311
竹を真ん中にじゃれ合う虎かな?
P1180313
こちらにも虎〜
P1180314
よほど御利益があった蛭子さんやったんでしょうね〜♪
P1180310

| | コメント (2)

2018.12.20

【篠山】輪行ポタ<20>古市編:駅前周辺

篠山を紹介し終えた・・・でもなんか忘れている・・・あ、まだあった。アップロード怠慢してたのを全部吐き出してみようかと・・・まずは、篠山口手前の駅・古市起点から・・・

Img_20170903_122753
駅前・・・自動販売機とタクシーの配車場?電話したらどこから配車されるんでしょうね。市外局番は三田市?篠山市?
P1180498
宿場町の面影が残る街のメイン通り、人がいませんが夏の地蔵盆の時に宿場一夜夢街道ってイベントをやるそうです。
P1180327
廣申さんですね
P1180330
こちらは街の東端にある紀元2600年記念碑。丸い部分には・・・
P1180376
時計が仕込まれていたようです。
P1180375
線路の向こうにある中学校、校門が立派ですね〜♪
P1180356
こちらは、駅から西へ少し行ったところ。いかにも「旧道」を尋ねるって雰囲気ね。
Img_1499

| | コメント (2)

2018.12.05

【篠山】輪行ポタ<19>小ネタ雑記

9月末からアップし出して、一応今回が最終回。行けてないところも多々ありますが、次回の輪行ポタでカバーしようと思ってますが・・・と言うことで、まとまったコンテンツにならなかったコネタ雑記をば・・・まず、先の糯ケ坪稲荷神社(モチガツボイナリジンジャ)。幹線沿いギリギリに鳥居が建ってます。


Img_2134
二の鳥居のこなれ感がいいんですよね〜
Img_2132
北側は影になるんでしょうね、朱色が残ってます。
Img_2133
こちらは、城跡北側にある青山稲荷神社
Img_2418
拝み石が・・・あららの場所に移されてます。邪魔?になったんでしょうかね?
Img_2419
こちらは、まけきらい稲荷の西にある御婦人の神様・淡島神社。埋め込まれて、屋敷の一部になってますね。
Img_2425
白い玉石を敷いたので拝み石が、地面つらいちになってます。完璧に踏んでお参りしてもええでモードですね。
Img_2426
春日江ちょい南の白山神社・・・ん?〜なんか鳥居が妙???
Img_2472_2
鳥居の造形が面白い!!ある意味合理的ですよね〜
Img_2473
ここの手洗い盆、扇形してます。
Img_2476
最後に・・・厳島神社。もう10年も前、ここで野営したんですよね。真夏に無謀にも野営道具を積んでオール自走で・・・帰り、軽い熱中症になってへばりましたわ。
Img_2511
その時に気付かなかった拝み石の年号・・・コチラは文政年間
Img_2513
もうひとつは明治36年、おおよそ80年の隔たり・・・
Img_2512
暖かくなったらまたこうよう〜と思いつつ帰路についたのであります〜THE END
Img_2524

| | コメント (2)

2018.12.04

【篠山】輪行ポタ<18>諏訪神社近辺~西岡屋

篠山にもありました諏訪神社。天平勝寶元年(749年)、信濃国諏訪神社より分霊を勧請して祀られた由緒正しき古社・・・一の鳥居は石造り~


Img_2396
二の鳥居は朱塗り~
Img_2397_2
神殿~という感じで、綺麗に整理整頓整備されてるので、これでほぼおしまい。
Img_2401
狛犬も一般的で・・・
Img_2400
さてと・・・走りだしたらこの石柱が・・・へぇ~伊能さん、こんな内陸部まで測量に来ていたのね。
Img_2402
と山側に真っ直ぐに伸びる参道?
Img_2403
登ってみたら石仏の列が~弥勒堂とあります。
Img_2404
お堂側から見たらこんな感じ
Img_2409
石仏や弥勒堂の説明が何もないので詳細は不明です。
Img_2406
すぐの道路わきに・・・読めませんわ。
Img_2410_2
とお稲荷さん、鳥居の朱と草色のマッチングがいいですね~ん、たしか先ほどの須磨神社に「飛の山三四郎稲荷」のことが書いてあったな・・・
Img_2411
八名の力士=領内の八つのお稲荷さんってことは、そのお稲荷さんのひとつかしらん?こら次回来るときの宿題かもね。という事で、篠山輪行ポタもあともう少しで終了かな~
Img_2399

| | コメント (2)

2018.12.03

【篠山】輪行ポタ<17>式内社・佐佐婆神社〜畑宮

ささば=ささ山とほぼ同義なんやろか〜とやってきたら立派な鳥居!!

Img_2496
いやぁ〜広い境内やなぁ〜さすが式内社やん〜と由緒をネットで検索・・・ああ、そうなんや〜主祭神は「正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊」って絶対に読めん!! マサカアカツカチハヤヒアメノオシホミミノミコトと読むと・・・第7代皇霊天皇の勅命によりて創立すと伝えられ、古来、皇室の崇敬篤く・・・
Img_2510
なのでしっかり菊の紋章あり
Img_2505
狛犬も立派でありますが、そこはそこ・・・境内の隅っこ好きには・・・
Img_2507_2
極彩色が残る木造狛犬とか・・・
Img_2506
摂社に祀られる像やらが・・・
Img_2502
とても気になるのであります・・・
Img_2501

| | コメント (2)

2018.12.02

【篠山】輪行ポタ<16>式内社・大賣神社の古狛犬~寺内

地図で見たときに読めなっかった・・・「オオヒルメ」じんじゃと読むそうだが「賣=売」でしょう?普通だと読めないですよね???
ヒルメを調べたら・・・ああ、そうだったのか!!天照大神だったのか・・・日女と書くのね~
でで、主祭神は、大宮売命(オホミヤノメノミコト)って???
宮殿の平安を守る女神でって・・・???・・・天岩戸から新殿に移った天照大神に侍女として仕えたとされ~って・・・よーわからんようになってきました???


Img_2189
よーするに由緒正しき神社で、当然、立派な狛犬さんがいるんですが・・・
Img_2191
実は、こちらの狛犬の方が、狛犬ファンとしては見るべきで・・・
Img_2196
奥に遠慮がちに鎮座されている姿が愛おしいです~♪
Img_2193
猫背気味の小さな狛犬ですが・・・
Img_2194
かわいい造作であります!
Img_2195
境内には、こんなひょうきんな狛犬さんもおられます~♪
Img_2200

| | コメント (2)

【篠山】輪行ポタ<15>二村神社・境内摂社の八幡神社〜真南条中

R372に並行して走る旧道に入ると一の鳥居に出会う。そこから少し上ると二村神社。

Img_2220_2
主祭神は「伊邪那岐尊(イザナギノミコト)」で、配祀神は「伊邪那美尊(イザナミノミコト)だそうで、由緒書きには「文明14年(1482)、二村神社の座争いによって、真南条に遷座。元亀元年(1570)、石の鳥居建立。元亀4年(1573)、御殿を完成。正遷宮祭を行う。」とあります。ネットで調べてみたら篠山インターの東に同じ名前の神社(こっちは未踏)がありますね。この神社と争ったんでしょうかね?
Img_2222
ここも当然ながら彫り物がいいです。
Img_2223
花さか爺さんでしょうかね?
Img_2224
境内摂社の八幡さんの狛鳩がかわいい~♪
Img_2226
ぬいさんのような鳩~♪
Img_2228
もう二羽いました~♪
Img_2227
ん?変なポーズの狛犬もいました。
Img_2229
こちらは、瓦製ですね~♪
Img_2230

| | コメント (2)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »