« 【篠山】輪行ポタ<21>古市編:駅前・蛭子神社 | トップページ | 【篠山】輪行ポタ<23>古市編:ニ村神社(見内) »

2018.12.27

【篠山】輪行ポタ<22>古市編:駅前・秋葉神社

蛭子神社から旧街道を東へすぐにあるのが秋葉神社。入ってすぐに火の見櫓が・・・この手のものって公民館の敷地内によくあるんですが・・・

P1180355
境内から見たら入口を見ると手前が広場になってますが、神輿倉もなく、宮入の為の広場ない?・・・んーっと、この広場の役割はなんやろか?
P1180348
由来の看板を読む・・・昭和61年に大改修・・・篠山藩の郷倉があった・・・その跡地の広場だったのね。昔から「公的な場所」故に火の見櫓も境内にあるわけね。
P1180349
火伏の神様やったら通常、愛宕神社ですが、秋葉神社は徳川綱吉の治世以降に全国に広まったそうで、幕府よりの藩政との関わりがあったんでしょうね。狛犬は、ごく一般的・・・あ、神殿の写真を撮り忘れてる・・・(^^;;;;
P1180350
神殿撮らずに拝み石はしっかり撮ってたりする・・・
P1180346
昭和61年に神殿の大改修をやった・・・ということを前提に彫り物を見ると・・・
P1180332
彫り方は蛭子神社どうようエッヂの立たない丸みを帯びた彫り方ですね。
P1180333
龍を口の方から見ると・・・けっこう立体的に彫られています。紅い彩色は、大改修の時に付けられたもんでしょうかね?
P1180339
ここなんか見てると彫り物と柱との接合部分に違和感があるんで、彫り物は旧神殿のものを使用して、建物部分は新調したのかな?って感じですね。
P1180334
竹に虎、中々細工がいい彫り物で〜♪
P1180337
ちょっと引きで見ると・・・取って付けた感がありますが・・・(^^;;;;
P1180340
ん?鳥の彫り物?
P1180342
嘴が異様に大きな鳥ってなんやろか? 大きな嘴の鳥だと郭公とか、夜鷹?
P1180341
秋葉神社の信仰となんか関わりがあるのかな?
P1180343
反対側は、こんな鳥です。
P1180344

|

« 【篠山】輪行ポタ<21>古市編:駅前・蛭子神社 | トップページ | 【篠山】輪行ポタ<23>古市編:ニ村神社(見内) »

コメント

回収後に旧神殿の彫刻を再利用する・・・賢いなぁ!
最近のつまらない彫刻くっついた神社を見たりすると寂しくなります。
宮大工さんとか、考えないのかなぁ。
付けるのも予算かかるのでしょうかね。

鳥さんは、郭公のような気がします。
カラスには見えないし。

投稿: Jun | 2018.12.28 06:53

それだけ木彫の質がええんでしょうね。
木彫の職人が周辺に居たのも大事な要素でしょうね
奈良の小さな神社の木彫は簡単な略式てきなものが
多くつまらないですわ〜
鳥の彫り物、郭公だと秋葉神社との関係はあるんでしょうかね???

投稿: 路爺 | 2018.12.28 17:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【篠山】輪行ポタ<21>古市編:駅前・蛭子神社 | トップページ | 【篠山】輪行ポタ<23>古市編:ニ村神社(見内) »