« 【東大阪徘徊/1】前回の続きをば~方盛神社(横小路)~2008年の風景 | トップページ | 【東大阪徘徊/3】池島神社(池島)2~2008年の風景 »

2020.04.18

【東大阪徘徊/2】池島神社(池島)1~2008年の風景

池島、恩智川が氾濫すると水に浸かって、
池に浮かぶように見えるのでこの地名になった
と聞いてますが・・・建物、かさ上げされていませんわ?

池島神社、地元出なのにお初であります。
調べると~江戸時代は山王権現、明治初期は日吉神社と呼ばれ
もともと近くにあって枚岡神社に合祀された八坂神社と水神社を
明治18年に旧日吉神社の地に合わせて池島神社となったそうです。
Imgp4932

まず・・・大きな灯篭、ん?大正6年に建てられてる?新しい!
Imgp4953

大阪
浪華落語反対派太支元 岡田政太郎???
Imgp4949

芸人の名前?花月とか、出演とか文字が彫られてますね。
Imgp4950

調べたら。。。おおお!!地元出でありながら知らんかった!!
岡田政太郎氏は池島出身。大阪玉造の風呂屋で成功。
明治末期に富貴席という寄席作ったそうで、
当時、落語が主体の寄席が中心で
政太郎は、それに反対して
「なんでも構わぬ、上手も下手も関係ない、銭が安うて、無条件に楽しませる演芸」
を看板に漫才や曲芸、手品、落語などを併せ興行し成功、
でも、宿望半にして大正10年没。
その方針を盟友吉本泰三が受け継ぎ、現在の吉本興行に~だそうです!!
この石灯篭を奉納後、4年後に亡くなっているんですね。
Imgp4951

説明盤ありましたが、退色して読めないわ・・・
なのでかな、そこそこ有名な芸人が住んでましたね。
Imgp4952

さて参拝へ~拝殿と神殿の構成ですね。
Imgp4959

二之鳥居から振り返ると・・・
Imgp4958

三社を合祀した神社のかーと思いつつ
Imgp4957

境内入り口横、見上げる大樹、榎の大木?
この種類の樹木って水気の多い場所で大きくなるそうで
やはり水によく浸かる土地だったんでしょうね。
Imgp4960

|

« 【東大阪徘徊/1】前回の続きをば~方盛神社(横小路)~2008年の風景 | トップページ | 【東大阪徘徊/3】池島神社(池島)2~2008年の風景 »

コメント

そうか、それで榎は川のそばによく生えているんですね!

寄席を作って誰でも楽しめ誰でも演じられる、そうか吉本さんと盟友やったんや! 
神戸の新しい寄席もコロナで休業、早く終わって欲しいですね、コロナ。

投稿: Jun | 2020.04.18 16:08

ニレ科の樹木は水辺好きだそうです。
そうやって川沿いを歩くと確かに!!と思いますよ。

そうなんですよ!!
最初見たときは、落語?寄席?芸名???
なんやねん!?と思いましたわ~

投稿: 路爺 | 2020.04.18 17:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【東大阪徘徊/1】前回の続きをば~方盛神社(横小路)~2008年の風景 | トップページ | 【東大阪徘徊/3】池島神社(池島)2~2008年の風景 »