« 【立寄徘徊/29】須磨をゆく5・村上帝社(須磨区須磨浦通) | トップページ | 【立寄徘徊/31】垂水をゆく2・山王神社と供養塔(垂水区塩屋町) »

2020.06.16

【立寄徘徊/30】垂水をゆく1・塩屋若宮神社(垂水区塩屋町)

以前、垂水駅へは舞子ビラから歩いて行ったです〜その時のブログ

今回は、この駅からスタートです。
Img_20170623_115526

で、お隣の塩屋駅まで歩いて・・・
絵地図を見るに、けっこう見る場所があるなぁ〜と思いつつ
腕時計を見ながら、いざ立寄徘徊をば・・・
0616a

塩屋若宮神社(垂水区塩屋町)
Img_20170623_113832

まぁ、色々とお祀りしてる神社のようで〜
0615b_20200616134201

神殿が3つ・・・右端が一番大きくて、新しい〜
Img_20170623_113945

左側には、古いお社が2座、その間に1座、手前の岩も御神体?
Img_20170623_113943

一番、手前のアップ
Img_20170623_113952

あ、神殿前の石盤にしっかり説明してありました。
うーん、神さんの人数と社の数があわん?
右端が、戎さんと天満さん? 次に三宝荒神さん
真ん中の小さいのは愛染さんで〜って感じかな?
Img_20170623_114005

備前焼の狛犬?
Img_20170623_114021

これは出雲型では?
Img_20170623_114047

神社から少し歩いて相生橋
Img_20170623_113409

全体に大きくRのついた美しい橋です。
手前の親柱と奥の親柱との位置のずれが面白いですね〜♪
Img_20170623_113432

|

« 【立寄徘徊/29】須磨をゆく5・村上帝社(須磨区須磨浦通) | トップページ | 【立寄徘徊/31】垂水をゆく2・山王神社と供養塔(垂水区塩屋町) »

コメント

滝の茶屋駅は山電の駅で一番風景が綺麗な駅。
高校時代は埋め立てされていなかったので、真下のJRの向こうはすぐ海で、晴れの日はものすごく綺麗でした。あの駅の風景を撮影したいが為に滝の茶屋駅で降りる人もいるほどですよ。

塩屋の街は一回しか行っていない。中三の時の担任の旦那さんが亡くなってお葬式が塩屋のお寺であって、高校に進学した元クラスメート達が集まって参列しただけです。

昔、個人の邸宅でお城そっくりに作られた家があって、市民から「塩屋城」と呼ばれていました。電車からも見えてちょっとした観光スポットでしたが、これも震災で倒壊してもうありません。
天守閣はなくて明石城の櫓みたいな感じでした。

塩屋、ゆっくり散策したいです。

投稿: Jun | 2020.06.17 07:26

所用で、この駅にはじめて降りたときは
驚きましたね~すおおおお!!海そこやん!!って
こんな風景に出会えるなんて予想外だったもんで
神戸間を歩くと震災で倒壊してしまった風景に出会いますね。
自分の既知なる場所は寂しく思い、未知なる場所は惜しく思い
もとに戻そうとする風景、なくなってしまった風景
それと同じように過去の風景もなにかに触発されて思いだしますね。
今回のJUNさんの書き込みで思い出したのは、中学の数学の先生
男勝りのショートカットの女性の先生で神戸出身の方でした。
河内の女性にないセンスのよさ、ジョークある話し方、ちょっと
ひかれたことを思いだし、神戸市の学校に移るんや、これでお別れや
と言った時に目頭が・・・なんてことを思い出しましたね。
今もお元気やったら70歳くらいかな・・・等と・・・(^-^)b

投稿: 路爺 | 2020.06.17 08:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【立寄徘徊/29】須磨をゆく5・村上帝社(須磨区須磨浦通) | トップページ | 【立寄徘徊/31】垂水をゆく2・山王神社と供養塔(垂水区塩屋町) »