« 【立寄徘徊/48】明石編7・武蔵の庭〜山側をウロウロ5 | トップページ | 【立寄徘徊/50】尼崎城跡 »

2020.07.08

【立寄徘徊/49】明石編8妙見社と明石神社・〜山側をウロウロ5

明石遍、最終噺であります~

伝武蔵作庭の本松寺のすぐ上にあります。
Img_1037

本松寺の守護神・妙見大菩薩をお祀りしてるんですね。
Img_1044a

なかなか立派な建物ですわ~♪
Img_1046

前庭も綺麗にされてあり、つつじが綺麗だとか
Img_1047

武蔵作庭の庭も同じようにお願いしたいなぁ~
Img_1045

床に敷かれている石材、地元産・・・名称をひかえるの忘れた~
 Img_1041

さらに上へ~明石神社だって!さぞ古式ゆかしい社と思いきや
Img_1048

あら・・・真っ白なコンクリート製
Img_1049

中を覗くと徳川の紋が!!
祭神は徳川家康公!!
明石城の太鼓門があった場所で、当時の太鼓が鎮座してました。
Img_1050

外に放置されていた瓦にも三つ葉葵のご紋が!!
交通の要所・明石は徳川方やったとは知らなかったし
意識したことがなかったですね~
Img_1051

|

« 【立寄徘徊/48】明石編7・武蔵の庭〜山側をウロウロ5 | トップページ | 【立寄徘徊/50】尼崎城跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【立寄徘徊/48】明石編7・武蔵の庭〜山側をウロウロ5 | トップページ | 【立寄徘徊/50】尼崎城跡 »