« 【立寄徘徊/57】大阪遍6:天社宮と弥治右衛門碑(大和田駅) | トップページ | 【立寄徘徊/59】大阪遍8:白山神社(大日町) »

2020.07.23

【立寄徘徊/58】大阪遍7:佐太天満宮旧御旅所 飛来神社(佐太中町)

天社宮から北上、淀川の根気に佐太って場所があります。
この佐太地区、京都・大阪間の交通・軍事上の要地であったそうで
多分、排水も行き届いていたんでしょうね~

なので・・・
大きな陣屋があったり、立派な天佐太天神宮があったりしますが
こちらは由緒も正しき場所なんで割愛して・・・
Img_20170513_095928

西へ1キロほど行った場所に小さな祠があり・・・
Img_20170513_114814

旧佐太天満宮御旅所とありますが・・・
Img_20170513_114821

正式には、佐太天満宮 旧御旅所 飛来神社と???
どうも江戸時代に佐太天満宮から1キロもあって不便なんで
御旅所やめたいんやけども~と嘆願したようで・・・
祭神も変更して飛来神社と変名?したようで・・・
Img_20170513_114840

脚付きの手洗い盆
Img_20170513_114923

用途不明の転がる石柱・・
Img_20170513_114931

彫りモノが予想外の出来で~♪
Img_20170513_114941

神社名の飛来は、鳥に由来するものなのか?
白サギ?コウノトリ?
Img_20170513_114909

くちばしと目の表現から見るとコウノトリかな?
JUNさんち参照
でも翼の黒い色がないのは、塗装した人が手を抜いた???
Img_20170513_114914

目とくちばし部分アップ~
白サギだと当たり前みたいに見れるんで
コウノトリの方が特別感ありで
よーここへ飛んできてくれたやん~で飛来と名付けた??
それとも祭神の天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)と
関りがあるのかな???
Img_20170513_114914a

左右は松ですね。
Img_20170513_114937

彫り方から見て、そんな昔の作ではないような感じ
Img_20170513_114918

|

« 【立寄徘徊/57】大阪遍6:天社宮と弥治右衛門碑(大和田駅) | トップページ | 【立寄徘徊/59】大阪遍8:白山神社(大日町) »

コメント

なんだか不思議なデザインの白い鳥ですね。
サギを神様のお遣いとかにしている神社もあるので、サギじゃないですか? 昔の人はツルとコウノトリを混同していたので、ツルのつもりでコウノトリを彫ったとも考えられるし。

先日、「山であそぼっ」さんが、多可町の小さな集落の小さな神社で、同じ多可町の大きな大歳金比羅神社の彫刻とそっくりな物を発見されました。見に行きたいのですが、お天気が悪いでしょう。撮影しても暗くて映らないんですよね、ああ言う位置にある彫刻は。
梅雨が明けるまで辛抱です。

投稿: Jun | 2020.07.24 08:54

サギか、鶴か、コウノトリか?
淀川のねきなんで、いずれかの水鳥でしょうな~
同じ彫り物かぁ~
大発見じゃああ~やったら面白いですよね~
いかれたら教えてくださいね!

投稿: 路爺 | 2020.07.25 11:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【立寄徘徊/57】大阪遍6:天社宮と弥治右衛門碑(大和田駅) | トップページ | 【立寄徘徊/59】大阪遍8:白山神社(大日町) »