« 【大和徘徊】王寺→香芝編<3>中世の武士団・片岡氏と親殿神社 | トップページ | 【大和徘徊】王寺→香芝編<5>色々と・・・ »

2021.03.12

【大和徘徊】王寺→香芝編<4>布織りの女神、農業の女神

まずは・・・火幡神社

御祭神は火之戸幡姫の命
機織りの女神・・・って、秦氏つながりかな?
火幡のはたも元々は「秦」だったりして・・・

朱塗りの鳥居
Img_2945

こんもりと鎮守の杜に守られてます。
Img_2944

お百度石
Img_2942

神殿は一段上に・・・
Img_2939

当然、絵馬が多数、奉納されてます。
Img_2941

次へ・・・の前に、乳垂地蔵
推古天皇の乳の出が悪く・・・との伝承あり。
Img_2947

丸い力石。
Img_2948

役行者、奈良は多いですねー♪
Img_2949

尼寺廃寺跡
香芝市に入ってます。
Img_2962

廃寺跡、西側に鳥居が見えてます。
Img_2950

白山姫神社

先の火幡神社は産業振興を祈願する神さんで
この神社の御祭神・白山比咩命は農業に欠かせない水
明神山の罔象女命と共に五穀豊穣を祈願する神さん
Img_2952

お百度石
Img_2953

で、割拝殿〜♪
Img_2954

汎用な狛犬
Img_2955

ちょっと出っ歯ね〜♪
Img_2956

奉納絵馬がいっぱい!!
よく見たら絵図らが火幡神社と同じですね。
Img_2960

|

« 【大和徘徊】王寺→香芝編<3>中世の武士団・片岡氏と親殿神社 | トップページ | 【大和徘徊】王寺→香芝編<5>色々と・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【大和徘徊】王寺→香芝編<3>中世の武士団・片岡氏と親殿神社 | トップページ | 【大和徘徊】王寺→香芝編<5>色々と・・・ »