« 【近隣徘徊】野池探訪:その10〜お堀のあるお寺 | トップページ | 【近隣徘徊】野池探訪:その12〜池を巡れば・・・愛宕2社 »

2021.06.29

【近隣徘徊】野池探訪:その11〜行者堂

さて、野池探訪ラスト2話・・・その1ですが・・・

野池を巡っていると・・・境界石?池に沿って並んでます。
P1040536

綺麗に整形してあるんで水車の石臼でなく、餅つきの石臼ですね。
P1040544

古池痕跡を探していたら確かにここなんですが・・・???
P1040525

下ノ池緑地とあります。上ノ池ってどこよ?
P1040524

古池は、公園と学校になってるので池跡周辺をぐるっと〜
P1040513

水門、地蔵さん、お堂があった!!
P1040516

天然石?と思えるようなお地蔵さん?
丁寧にお世話されてますね〜♪
P1040514

こちらは役行者堂と・・・
P1040517

役行者の石像が・・・
もともと池の堤にあったのかなぁ〜それとも幹線道路の拡張工事で
ここにうつされたのかな?・・・しばし考察〜
P1040519

|

« 【近隣徘徊】野池探訪:その10〜お堀のあるお寺 | トップページ | 【近隣徘徊】野池探訪:その12〜池を巡れば・・・愛宕2社 »

コメント

天然石と思えるようなお地蔵さん、不思議な形状ですね。
手前のお水の容器とかの台を支えているのは、彫刻でも施されているんですか?
それともあんな形の石?

投稿: Jun | 2021.06.29 07:34

お地蔵さんは、じっくり見てないのですが
土台の方は「あれ?」って思えたんで、その場で〜
ドッヂボール大の石を組み合わせて作ってましたわ。
湯飲みの数の多さに、このお地蔵さんを思うひとの志の
力を感じましたね。

投稿: 路爺 | 2021.06.29 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【近隣徘徊】野池探訪:その10〜お堀のあるお寺 | トップページ | 【近隣徘徊】野池探訪:その12〜池を巡れば・・・愛宕2社 »